スタッフ紹介
王 凱
王 凱
氏名
王 凱 (オウ カイ)
所属
東北大学大学院医学系研究科 加齢医学研究所 脳機能開発研究分野; 日本学術振興会特別研究員(DC2)
研究テーマ
♪医学博士:脳磁図を用いてミッシングファンダメンタルピッチ認知基盤を解明する研究
♪医学修士:神経細胞のマルチコンパートメントモデルにおける細胞外抵抗分布の役割 : 細胞外記録および細胞外電気刺激のための統一形式化
♪数学学士:卒業論文、「顔の識別」
  • 1 Used the Likelihood and Binarization and the Laplacian of Gaussian filter to recognize the face in complicated photo.
  • 2 Simulated the function and principle of cone in retina to authenticate the color of the complexion to recognize the face in complicated photo.
  • 3 Researched the Edge Detection, HIS, and gray-scale value algorithm to solve the recognition of eyes, nose, mouth and their corners.
経歴
2008年 北京工業大学応用数理学部数学専攻修了
2011年 東北大学医学系研究科修士課程脳機能開発研究専攻修了
2015年 東北大学医学系研究科博士課程脳機能開発研究専攻修了
2014年~現在 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
受賞等
中国:

1♪2005年 北京工業大学数学学部「数学科奨学金」獲得

2♪2006年 北京工業大学物理学部「物理実験コンテスト最優秀賞」獲得

3♪2006年 北京工業大学数学学部「数学科奨学金学習最優秀賞」獲得

4♪2007年 中国重点大学コンピューター学院「星火基金」人工知能重点工程賞「文字識別系統」獲得
  • 4.1 Used the multiplayer perceptrons to build a Neural Network structure and learn characteristics of vectors of strokes, the back-propagation algorithm to reduce the error, LMS algorithm to adjust the weight of neurons.
  • 4.2 Researched the orientation column based on Human Vision.
  • 4.3 Solved the recognition of strokes which are full of noises.


日本:

1♪2009年4月 東北大学加齢医学研究所「留学生研究発表会優秀賞」獲得

2♪2009年6月 東北大学大学院 医学院研究科「平成21年度私費外国人留学生学習奨励費」獲得

3♪2012年3月 東北大学「平成25年東北大学外国人留学生総長特別奨学生」新規採用者として獲得

4♪2012年3月 2012年度 JTアジア奨学金(毎年日本全国の留学生に唯10名位を選抜)獲得
リンク:http://www.jti.co.jp/csr/contribution/social/scholarship/2012/0510/02/index.html

5♪2013年2月 東北大学大学院 医学系研究科「辛酉優秀学生賞」獲得(東北大学医学院に唯5~6名位を選抜、国籍不問)
リンク:http://www.med.tohoku.ac.jp/encouragement/prize_s13.html

6♪2013年4月 東北大学「平成25年東北大学外国人留学生総長特別奨学生」継続採用者として獲得
リンク:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2013/05/news20130502-01.html

7♪2013年6月 国際科学雑誌(MIT Press Journals:神経計算雑誌)表紙に図が使われる名誉を獲得
(下記「科学雑誌表紙」に御覧)

8♪2013年10月 平成25年度 東北大学医学系研究科ブースター研究助成採択(東北大学医学院に唯25~30名位を選抜、国籍不問)

9♪2013年10月 平成25年度 菅原医学振興基金奨学助成採択(宮城県内全部大学に唯5名を選抜、国籍不問)

10♪2013年10月 平成26年度 日本学術振興会特別研究員-DC2採用内定(成績上位につき、面接を免除して採用する、国籍不問)

11♪2014年4月 東北大学「平成26年東北大学外国人留学生総長特別奨学生」継続採用者として獲得
リンク:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2014/04/news20140411-02.html

12♪2014年4月 平成26年度科学研究費助成事業・日本学術振興会・科学研究費補助金・特別研究員奨励費を採択決定
リンク:http://www.bureau.tohoku.ac.jp/kaken/index.html

13♪2015年1月 世界的に知られたPMOD社PMODソフトウェアに王凱様開発のソフトウェア(7♪2013年6月へ御覧)が取り込まれる予定である(PMODは、「http://www.pmod.com」PETの世界ではたいへん有名なソフトウェアである。もともとSwitzerlandの大学で開発されたもので、現在は、PMODという会社が販売している。)

14♪2015年7月 第17回日本ヒト脳機能マッピング学会・学会奨励賞を獲得(全学会唯3名選抜、国籍不問)

15♪2015年9月 第5回世界的スピーチコンテスト「Falling Walls Lab Sendai 2015」(開催国:日本、場所:仙台)に第1位を獲得(全学会32名の世界各国選手より選抜され、国籍不問)

16♪2015年11月 第5回世界的スピーチコンテスト「Falling Walls Lab FINAL 2015」(開催国:ドイツ、場所:ベルリン)のハイライトビデオに収録(全学会100名の世界各国選手より選抜され、国籍不問)
主要研究業績(selected)
主著者(第一作者):
1. Wang K, Riera J, Enjieu Kadji H, Kawashima R.
"The role of the extracellular conductivity profiles in the compartmental models for neurons: Particulars for layer 5 pyramidal cells"
Neural Computation, 25(7): 1807–1852, 2013.
国際・国内学会
1. H. G. Enjieu Kadji, S. Nakauchi, M. Crivaro, K. Wang, T. Goto, Y. Sahara, R. Kawashima, J. Riera.
"A methodology to characterize the layer 5 non-adapting regular spiking neocortical pyramidal cells"
Society for Neuroscience, Chicago, USA (2009).

2. H. G. Enjieu Kadji, S. Nakauchi, M. Crivaro, K. Wang, T. Goto, Y. Sahara, R. Kawashima, J. Riera.
"A methodology to characterize the layer 5 non-adapting regular spiking PCs"
Neuroscience, Nagoya, Japan (2009).

3. 王凱, 横山悟, 宮崎敦子, 川島隆太.
"人間の脳内におけるピッチ・ハーモニクスの識別に関わる神経基盤の解明"
第7回リトリート大学院生研究発表会, 仙台, 日本 (2014).

4. 王凱, 菅野彰剛, 横山悟, 川島隆太.
"ピッチ認識を支える脳内神経基盤の解明"
第17回日本ヒト脳機能マッピング学会, 大阪, 日本 (2015).

5. Kai Wang.
"BREAKING THE WALL OF PITCH PERCEPTION"
5th international speech contest "FALLING WALLS LAB Sendai 2015", 仙台, 日本 (2015).

6. Kai Wang.
"BREAKING THE WALL OF PITCH PERCEPTION"
5th international speech contest "FALLING WALLS LAB Berlin 2015", ベルリン, ドイツ (2015).

7. Kai Wang, A. Kanno, S. Yokoyama, R. Yokoyama, KH. dos S. Kawata, A. Miyazaki, S. Ikeda, T. Araki, & R. Kawashima.
"Different lateralization of the N100m in fundamental pitch and spectral pitch listeners during missing fundamental processing: a magnetoencephalography study"
NTNU – Tohoku Univ. Brain Science Exchange Meeting “Joy of the Brain Science”, Sendai, Japan (2015).
国際科学雑誌表紙
神経計算雑誌
MIT Press Journals: 神経計算雑誌 (NEURAL COMPUTATION) 画像をクリックすると、ダウンロードページへ行く。
主著者(第一作者):
1. Wang K, Riera J, Enjieu Kadji H, Kawashima R.
"The role of the extracellular conductivity profiles in the compartmental models for neurons: Particulars for layer 5 pyramidal cells"
Neural Computation, 25(7): 1807–1852, 2013.
国際・国内ニュース
1♪2015年9月 加齢医学研究所オフィシャルサイトより
リンク:http://www.idac.tohoku.ac.jp/en/sketch/mp_sendai03.html

2♪2015年9月 東北大学オフィシャルサイトより
リンク:http://www.tohoku.ac.jp/en/news/university_news/news20150907.html

3♪2015年9月 東北大学知のフォーラム(Tohoku Forum for Creativity)オフィシャルサイトより
リンク:http://www.tfc.tohoku.ac.jp/fwls/report.html

4♪2015年12月 Falling Walls Conference 2015 オフィシャルサイトより
リンク:https://www.flickr.com/photos/fallingwallslab/sets/72157659289594733
国際・国内ビデオ
1♪2015年9月 "BREAKING THE WALL OF PITCH PERCEPTION"
5th international speech contest "FALLING WALLS LAB Sendai 2015"より
リンク:https://www.youtube.com/watch?v=4DfHZ03WZTE

2♪2015年11月 "BREAKING THE WALL OF PITCH PERCEPTION"
5th international speech contest "FALLING WALLS LAB FINAL 2015"より
リンク:http://livestream.com/accounts/1153663/events/4410710
(備考:Video title: Falling Walls Lab 2015 - Session 3, starting from 29:52)

3♪2015年11月 "Falling Walls Lab 2015 Highlights"
5th international speech contest "FALLING WALLS LAB FINAL 2015"より
リンク:https://vimeo.com/145251315
(備考:"Kai Wang, China, Tohoku University", Starting from 01:09)

4♪2015年12月 "BREAKING THE WALL OF PITCH PERCEPTION"
5th international speech contest "FALLING WALLS LAB FINAL 2015"より
リンク:https://vimeo.com/147539616
(備考:Video title: Kai Wang: Breaking The Wall Of Pitch Perception @Falling Walls Lab Berlin 2015)