3T-MRIの外部利用について

東北大学加齢医学研究所がブレインイメージング研究棟に保有する超高磁場磁気共鳴画像撮像装置(フィリップス社製 アチーバ 3.0T Quasar Dual)及びこれに付帯する実験設備(以下、3T-MRI設備)は、研究目的に限り大学・研究機関・企業等の研究グループに公開されています。利用形態・利用申請手続き・遵守事項等が3T-MRI利用ガイドラインに記載されています。

3T-MRI設備は、3T-MRI設備運営委員会の監督のもと、3T-MRI設備管理委員会が管理しています。

3T-MRI設備運営委員会
委員長川島隆太(東北大学加齢医学研究所 教授)
委員瀧 靖之(東北大学加齢医学研究所 教授)
泰羅雅登(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 教授)
中村克樹(京都大学霊長類研究所 教授)
杉浦元亮(東北大学加齢医学研究所 教授)
3T-MRI設備管理委員会
委員長杉浦元亮(脳機能開発研究分野 教授)
委員竹内 光(認知機能発達研究部門 准教授)
菅野彰剛(脳機能開発研究分野 助教)
野澤孝之(ユビキタスセンサー研究分野 助教)
野内 類(東北大学学際科学フロンティア研究所 助教)
橋本照男(認知機能発達研究部門 助教)
横田晋務(認知機能発達研究部門 助教)
池田純起(ユビキタスセンサー研究分野 助教)