スタッフ紹介
横山 諒一
横山 諒一
氏名
横山 諒一 (ヨコヤマ リョウイチ)
所属
東北大学大学院医学系研究科 日本学術振興会特別研究員(DC1)
研究テーマ
神経経済学
経歴
2012年7月 - 現在 カリフォルニア大学バークレー校 客員研究員
2012年4月 - 現在 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
2011年4月 東北大学大学院医学系研究科脳機能開発研究分野
2010年4月 - 2011年3月 東北大学経済学研究科前期博士課程
2008年8月 - 2009年5月 パデュー大学経営学部 交換留学生
2007年4月 - 2010年3月 東北大学経済学部
最新の業績
下記のページを御覧ください.
http://researchmap.jp/ryoichi/
論文
■The Neural Bases Underlying Social Risk Perception in Purchase DecisionsYokoyama R, Nozawa T, Sugiura M, Yomogida Y, Takeuchi H, Akimoto Y, Kawashima RNeuroImage in press 2014年
■Association between gray matter volume in the caudate nucleus and financial extravagance: findings from voxel-based morphometryYokoyama R, Nozawa T, Takeuchi H, Taki Y, Sekiguchi A, Nouchi R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Iizuka K, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Hashizume H, Kunitoki K, Hanihara M, Sassa Y, Kawashima RNeuroscience Letters in press 2014年
■Association of hair iron levels with creativity and psychological variables related to creativityTakeuchi H, Taki Y, Sekiguchi A, Nouchi R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Hashizume H, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima RFrontiers in Human Neuroscience in press 2013年
■Resting state functional connectivity associated with trait emotional intelligenceTakeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Hashizume H, Sassa Y, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Yokoyama R, Iizuka K, Nakagawa S, Nagase T, Kunitoki K, Kawashima RNeuroimage in press 2013年
■Compensatory Effort Parallels Midbrain Deactivation during Mental Fatigue: An fMRI StudyNakagawa S, Sugiura M, Akitsuki Y, S.M.Hosseini, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Yomogida Y, Yokoyama R, Takeuchi H, Kawashima RPLoS ONE 8(2)( e56606) 2013年
■Regional gray matter density is associated with achievement motivation: evidence from voxel-based morphometryTakeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Yokoyama R, Iizuka K, Hashizume H, Nakagawa S, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima RBrain Structure and Function in press 2012年
■A voxel-based morphometry study of gray and white matter correlates of a need for uniquenessTakeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Yokoyama R, Iizuka K, Hashizume H, Nakagawa S, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima RNeuroimage 63(3) 1119-1126 2012年
■必需品/贅沢品の認知と欲求構造の関係性についての心理研究横山諒一, 野澤孝之, 野内類, 杉浦元亮, 川島隆太東北大学研究所連携プロジェクト成果報告集「ヒューマンサイエンス& テクノロジー」 印刷中
受賞等
■ 2013年1月 平成24年度生理研研究会 トラベルアワード 購買意思決定に影響する社会的抑制の心理的・神経基盤の解明
■ 2012年12月 第16回実験社会科学カンファレンス トラベルアワード 不快解消欲求と快楽追求欲求が生活必需品とぜいたく品の認知に与える影響
■ 2011年12月 第15回実験社会科学カンファレンス トラベルアワード 購買意思決定を予測する「好み」と「社会的リスク」の可視化に関するfMRI研究
■ 2011年10月 平成23年度生理研研究会 トラベルアワード 購買意思決定に影響する 「好み」と「社会的リスク」のfMRI研究
■ 2008年7月 東北大学研究教育振興財団 平成20年度海外留学奨励賞受賞
講演・口頭発表等
■巨大災害が購買意思決定に及ぼす影響の神経経済学的研究:社会的リスク認知の側面から横山諒一,野澤孝之,野内類,杉浦元亮,澁谷覚,埴原麻有,川島隆太東北大学平成25年度研究所連携プロジェクト 2014年2月5日
■パートナー選択における双方向マッチング問題対処に関わる意思決定の神経基盤横山諒一国際高等研究教育院 言語・人間・社会システム領域基盤主催セミナー 2014年1月21日
■パートナー選択のマッチング問題対処に関する意思決定の神経基盤横山諒一,杉浦元亮,山本悠貴, Keyvan Kashkouli Nejad,川島隆太第17回実験社会科学カンファレンス 2013年12月22日
■パートナー選択のマッチング問題に関する意思決定の神経基盤横山諒一,杉浦元亮,山本悠貴, Keyvan Kashkouli Nejad,川島隆太行動経済学会 第7回大会 2013年12月14日
■Neural basis of cognitive and motivational dynamics relevant to sustainable human-agent interaction: An fMRI studyT. NOZAWA, Y. SASAKI, R. YOKOYAMA, Y. AKIMOTO, R. NOUCHI, M. SUGIURA, T. KONDO, R. KAWASHIMANeuroscience 2013, SfN's 43rd annual meeting. 2013年11月
■認知的熟慮性と局所灰白質濃度に関わるVBM 研究横山 諒一, 野澤 孝之, 竹内 光,  瀧 靖之,  関口 敦,  野内 類,  事崎 由佳,中川 誠秀,宮内 誠 カルロス,飯塚 邦夫,品田 貴光,山本 悠貴,塙 杉子,荒木 剛,橋爪 寛,國時 景子,佐々 祐子,川島 隆太2013年度 包括脳ネットワーク夏のワークショップ 2013年8月31日
■購買意思決定に影響する社会的リスクの神経基盤の解明横山諒一,野澤孝之,杉浦元亮,竹内光,秋元頼孝,川島隆太第140回東北大学加齢医学研究所集談会 2013年6月29日
■Social conformity in adopting a fashion trend: an fmri studyKeiko Kunitoki, Hikaru Takeuchi, Yuka Kotozaki, Yuki Yamamoto, Ryoichi Yokoyama, Motoaki Sugiura, Ryuta Kawashima19th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 2013年6月
■Neural Basis of Seeking for Therapeutic Effect of Photograph Taking an fMRI StudyMasumi Ishihara, Motoki Sugiura, Hyeonjeong Jeong, Tsuyoshi Araki, Yuka Kotozaki, Sugiko Hanawa, Ryoichi Yokoyama, Carlos Makoto Miyauchi, Takayuki Nozawa, Fumi Takeda, Ryuta Kawashima19th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 2013年6月
■Neural mechanism for solving different types of insight problems: an fMRI studyYukako Sasaki, Takayuki Nozawa, Ryoichi Yokoyama, Sugiko Hanawa, Motoaki Sugiura, Ryuta Kawashima19th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping 2013年6月
■The psychological and neural representation of social norms in making a purchase decisionRyoichi Yokoyama, Takayuki Nozawa, Motoaki Sugiura, Yukihito Yomogida, Hikaru Takeuchi, Yoritaka Akimoto, Ryuta KawashimaCNS Annual Meeting 2013年4月17日
■購買衝動の神経基盤横山諒一, 野澤孝之, 杉浦元亮, 蓬田幸人, 竹内光, 秋元頼孝, 川島隆太第2回東北脳科学ウィンタースクール 2013年2月23日
■購買意思決定に影響する社会的抑制の心理的・神経基盤の解明横山諒一, 野澤孝之, 杉浦元亮, 蓬田幸人, 竹内光, 秋元頼孝, 川島隆太平成24年度生理研研究会 2013年1月31日
■不快解消欲求と快楽追求欲求が生活必需品とぜいたく品の認知に与える影響横山諒一, 野澤孝之, 杉浦元亮, 川島隆太第16回実験社会科学カンファレンス 2012年12月8日
■On-board cognitive training for senior driver safety and evaluation of its effectivenessTakayuki Nozawa, Yasuyuki Taki, Akitake Kanno, Yoritaka Akimoto, Mizuki Ihara, Ryoichi Yokoyama, Yuka Kotozaki, Rui Nouchi, Atsushi Sekiguchi, Hikaru Takeuchi, Carlos Makoto Miyauchi, Takeshi Ogawa, Takakuni Goto, Takeshi Sunda, Toshiyuki Shimizu, Eiji Tozuka, Satoru Hirose, Tatsuyoshi Nanbu, Ryuta KawashimaNeuroscience 2012, SfN's 42st annual meeting. 2012年10月
■購買意思決定を予測する「好み」と「社会的リスク」の可視化に関するfMRI研究横山諒一, 野澤孝之, 杉浦元亮, 蓬田幸人, 竹内光, 秋元頼孝, 澁谷覚, 川島隆太第15回実験社会科学カンファレンス 2011年12月
■Slow fluctuations of BOLD signals in task-positive and default mode networks predict intra-subject variance of cognitive performanceT. Nozawa, M. Sugiura, M. Ihara, Y. Kotozaki, C. M. Miyauchi, R. Yokoyama, A. Sakuma, A. Kanno, S. Kanoh, R. Kawashima.Neuroscience 2011, SfN's 41st annual meeting. 2011年11月
■購買意思決定に影響する 「好み」と「社会的リスク」のfMRI研究横山諒一, 野澤孝之, 杉浦元亮, 蓬田幸人, 竹内光, 秋元頼孝, 川島隆太平成23年度生理研研究会 2011年10月
■購買意思決定に影響する「好み」と「社会的リスク」の神経経済学的モデル横山諒一, 澁谷覚, 野澤孝之, 杉浦元亮, 川島隆太第42回消費者行動コンファレンス 2011年6月
競争的資金
■ 購買衝動と社会的抑制に関する脳内調整過程の可視化日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費研究期間: 2012年4月 - 2015年3月 代表者: 横山諒一
その他
■ 2012年7月東北大学MED-HOSP若手研究者等海外派遣(アカデミズムへの橋渡し)プログラム
■ 2012年3月多次元脳トレーニング&レクチャー「感覚情報処理の神経回路の構造と機能」, 生理学研究所
■ 2011年8月若手研究者等海外派遣プログラム "Crash course Experimental Economics", University of Amsterdam
■ 2011年7月平成 23 年度 加齢医学研究所研究助成金
■ 2011年6月平成22年度 独立行政法人日本学生支援機構 特に優れた業績による大学院第一種奨学生返還免除の認定